プレイ内容

 

シーン@:インタビュー〜初カラミ、相手は父親と同じ年齢のAV男優小田切ジュン

 

 

 

 

 

シーンA:先輩AV女優AIKAの現場を見学、そしてセックス

 

 

 

 

 

 

シーンB:ミニスカナースコスで3P

 

 

 

 

 

フェラを恥ずかしがるスレンダー美少女、野々浦暖ちゃんに萌える

 

細い手足に D カップのスレンダー美人野々浦暖ちゃん(20歳)デビュー作。ホテルへ向かう前の公園インタビューでは「緊張しすぎて眠れなかった」「はじめて会った男性とエッチは、今までしたことがないので不安」「イッたことがないので、イッってみたい」と不安と期待を語る。そんな、ノンちゃんの好きな セックスはくっついてるだけで挿入しなくてもいい「イチャイチャ、ラブラブ SEX」。 たしかにこんな美人な女の子とベッドの上でイチャイチャできたら挿入しなくてもまったく問題なさそう。

 

気になるデビュー作の内容ですが他のプレステージ専属女優達のデビュー作とほぼ似たような構成。インタビューでノンちゃんの人柄や AV に対する考え方に迫りつつ、ミニスカナースコスで3 P、 スレンダーな体をしっかり拝める立ちバック等、抜きどころしっかり作ってます。

 

初カラミの相手は父親と同じ年齢のAV男優小田切ジュン。恥ずかしそうにフェラ、69ではクンニされながらのフェラがうまくできなかったり、手マンで激しく掻き回されると「待って!」ってと言ったり初々しさを感じれます。人生初のミニスカナース3Pでは二穴責めで必死にフェラをしようとするがうまく咥えられない等、デビュー作ならではの初々しさを感じる場面が多くあります。最後のインタビューで「撮影終えてどうだった」と聞かれ笑顔で「最高でした!」と答えるノンちゃん。最初の不安はどこへやら...ルックスとスタイル抜群なので、今後の活躍を期待したくなるデビュー作でした。